友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド

友利新先生が教えるシミ対策ガイド
MENU
顔のシミを改善・予防するための正しい対処法 » 老人性色素斑(シミ) の正しい対策・治療法ガイド » 老人性色素斑の治療法 » 光治療(老人性色素斑)

光治療(老人性色素斑)

このページでは光治療によるシミへの効果について紹介しています。紫外線が原因で30~40代になると出てくるシミ(老人性色素斑)は改善されるのでしょうか?治療機による特徴の違いや施術の流れ、注意点などをまとめました。

老人性色素斑に光治療は効果的?

光治療はメラニン色素を破壊する波長の光を照射する治療法なので、老人性色素斑にも効果的です。

老人性色素斑は30~40代になると顔や手、腕などに出てくるシミのこと。長期間紫外線を浴びることで皮膚にあるメラニン細胞が活性化し、過剰なメラニンを作り出すことでシミになります。光治療をおこなって、過剰にできたメラニン色素を破壊することで解消が可能です。

光治療は肌へのダメージが少ないので、敏感肌の人にも最適。比較的濃いシミに効果があります。

光治療ってどんな治療?

特殊な波長の光を肌に照射することでシミを破壊する治療法です。光治療の光エネルギーは黒・赤といった色素に吸収される作用があるのが特徴。
照射すると光が熱へと変わりシミ部分に取り込まれます。この熱を放出するためにメラニンは細かく分裂。光エネルギーは肌のターンオーバーも促してくれるので、分解されたメラニンが徐々に肌表面へと浮き上がってきて、施術の数日後かさぶたのようにポロポロはがれおちていく仕組みです。

光は複数の波長が合わさっているので、メラニン色素だけでなく古い角質の除去やコラーゲンの生成にもアプローチ。シミだけでなく、そばかすや小じわ、ニキビ跡、赤みの改善にも効果的だと言われています。

レーザー治療との違い

光治療とレーザー治療は照射する波長の数に違いがあります。光は様々な波長が含まれているのに対し、レーザーは単一の波長のみ。
レーザーはシミにのみ集中的に効果を発揮してシミを根本的に破壊する力があるのが特徴です。ただし、刺激が強いので一過性の色素沈着を引き起こす場合があります。

一方、光治療では肌全体にアプローチできるのが魅力。ピンポイントにエネルギーが集中しないので強すぎる刺激はありません。ただ薄いシミには反応しにくいケースがあります。

フォトフェイシャル

光治療の代名詞とも言えるフォトフェイシャル。治療法の名前として知られていますが厳密には使用する商品(機器)の名前です。

フォトフェイシャルM22という最新機器は8種類のフィルターで照射する波長の幅を調整でき、白っぽい肌の人から黒っぽい肌の人まで肌を選ばずにきめ細かな治療がおこなえます。シミの改善はもちろん、炎症性ニキビや赤ら顔の改善にも効果的。従来のフォトフェイシャルでは効きづらかった薄いシミや小じわ、毛穴などの真皮ダメージへの効果が期待できるようになっています。

フォトRF

光と高周波を同時に照射することで相乗的な効果が得られる治療法です。メラニン色素に反応する光でシミやくすみを改善し、真皮層を活性化させる高周波熱でコラーゲンの生成を促進。シミのケアと同時に肌の内側からハリを取り戻せます。「美白」と「美肌」を一緒に叶えられる治療法なんです。

高周波によって光エネルギーが肌に効率よく伝達し、肌へのダメージが少ないのも特徴。ダウンタイムがないので施術直後からメイクが可能です。エステ感覚で治療ができることからも人気があります。

フォトブライト

従来の光治療は欧米の白人向けに開発されたものでしたが、日本人向けに改良したものがフォトブライトです。日本人に多い色の薄いシミに対応できるのが魅力。フォトフェイシャルでは効きにくかったソバカスにも高い効果を発揮します。

従来の光治療に比べてダウンタイムは短め。シミへの効果は早い段階からありますが肌質改善や赤みの改善には複数回の治療が必要です。症状にもよりますが効果を実感するには2~4週間おきに5回以上の治療を受けるのが最適と言われています。

クリニックでの光治療の流れ

美容クリニックでの光治療は、以下のような流れに沿っておこなわれます。

1:洗顔

クレンジングによって化粧や皮脂、皮膚についた汚れを落としていきます。素肌になることでシミ・くすみの状態を診察しやすくし、光治療がゴミに反応してしまうことを防止するためのものです。

2:カウンセリング

シミやソバカス、くすみ、赤ら顔などの状態を診察し、光治療が適しているか判断します。改善に必要な治療回数の目安や、スキンケア方法のアドバイス、術後の注意点などを説明してもらえるはずです。

3:施術箇所にジェルを塗る

光エネルギーによる火傷や炎症を防ぐために、専用のジェルを塗布。機器の滑りを良くする役割も果たします。

4:光レーザーを照射

ジェルの上から施術箇所全体に光レーザーを照射していきます。気になる部分はとくに念入りに照射すると効果が期待できるでしょう。とくにシミが目立つ部分があれば医師に伝えておくのがおすすめです。

5:照射箇所を冷やす

光レーザー照射後は、肌に赤みが出たりほてった感じになったりします。症状を抑えるために保冷剤でクールダウン。数分で症状が落ち着きます。

6:帰宅

光治療は施術直後からメイクをおこなうことができます。化粧を整えたら帰宅OK。UVケアをしっかりおこないましょう。

光治療で気を付けることは?

治療をおこなえない人がいる

の人は光治療が受けられません。

医師が肌の状態を診断し、フォトフェイシャルがおこなえないと判断した場合も同様です。アトピーや日焼けがあると光治療によって症状を悪化させてしまう可能性があります。妊娠中はホルモンの変化によって色素沈着しやすくなるため避けたほうが無難です。いずれにせよカウンセリングで状態を確認してもらい、医師の指示に従いましょう。

治療後のUVケアは必須

フォトフェイシャルをおこなった直後の肌は非常にデリケート。火傷をおったような状態なので紫外線の刺激はトラブルの原因になります。日焼け止めは治療直後から使用できるので、しっかり対策しましょう。