正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » アスコルビン酸 | シミ治療まとめ

アスコルビン酸 | シミ治療まとめ

シミを消す効果があると言われるアスコルビン酸について、その効果や特徴などを見てみましょう。

アスコルビン酸って何?どんなシミに効果があるの?

サプリメントなどの成分表に、よく「アスコルビン酸(ビタミンC)」という表記を見ることがありませんか?アスコルビン酸は、ビタミンCと同じ成分。厳密にいえば、ビタミンCの錠剤を製造する過程で使用する原料のことです。両者は同じものと考えて差し支えありません。

アスコルビン酸には、シミを薄くする作用と、シミを予防する作用があります。軽度のシミであれば、クリニックでアスコルビン酸の処方を受けることで改善します。美白化粧品の中には、ビタミンCやビタミンC誘導体が含まれているものが多く見られます。これは、ビタミンC、すなわちアスコルビン酸に黒ずみ(メラニン)を改善する効果、つまり美白効果があるから、ということなのです。

アスコルビン酸がシミを消すメカニズム

アスコルビン酸は、皮膚にハリを与えてくれるコラーゲンを作る際に必要な成分です。非常に強い抗酸化作用があり、肌の老化を招く原因の活性酸素を除去してくれます。肌に弾力とハリを与えてくれるだけではなく、活性酸素の働きを抑えることで、皮膚の細胞や組織を老化から守ってくれるのです。

シミの元のメラニン生成を抑える効果

抗酸化作用には、シミの原因物質であるメラニンの生成を抑える効果もあります。

メラニンが生成されるには、まず紫外線を浴びたり肌に刺激を受けて、老化の元凶となる活性酸素が肌の表面で発生します。肌の表面から真皮にあるメラノサイトという色素を形成する細胞に指令が出て、チロシナーゼという活性酸素の働きが活発化。その結果、アミノ酸のチロシンという成分がメラニン色素に変わるのです。

通常なら肌のターンオーバーで新しい皮膚に産まれ変わり、垢となって剥がれ落ちるのですが、過剰にメラニンが生成されると新陳代謝が間に合わずに色素沈着してシミができてしまいます。アスコルビン酸がチロシナーゼの働きを抑えれば、メラニンが過剰に生成されずシミを防いでくれるのです。

すでにある濃いシミを薄くする効果

ほかにも、アスコルビン酸には「還元作用」があります。シミの生成防止だけではなく、すでにできてしまったシミに働きかけて、シミを薄くしてくれるのです。気になるシミがある方は、アスコルビン酸が含まれた化粧品を肌に直接塗ると効果的です。

アスコルビン酸には、肌のハリや潤い保持に不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった体内物質の生成を助ける働きもあります。シミのないプルプル肌になるためには、アスコルビン酸が非常に有効と言えます。

アスコルビン酸を取り入れるには

アスコルビン酸は体内で生成されないため、食べ物やサプリメントでの摂取が不可欠。ビタミンCが豊富な食材レモンやキウイ、グレープフルーツといった柑橘系の果物に、ブロッコリーやほうれん草といった野菜に多く含まれています。

「食事での摂取は面倒くさい…」という方は、ビタミンCサプリメントや医薬品のアスコルビン酸がありますので、上手に取り入れましょう。

アスコルビン酸を購入するならクリニック?市販薬?

アスコルビン酸が含まれる医薬品は、クリニックで処方されるものと、薬局など市販で販売されている第三種医薬品があります。

なかでも、1959年から販売されている「シナール」というビタミンC・ビタミンB・L-システインが配合されたビタミン剤が有名です。クリニックで処方される医薬品と、市販薬に含まれるアスコルビン酸の含有量にほとんど違いはありません。

ただ、医薬品として販売されて身体に影響を与える薬には、必ずリスクはつきもの。身体から排出されて副作用がないとはいえ、ビタミンCの作用で身体に異常があっても尿検査や検便の検査結果で異常なしと出てしまう「偽陰性」のリスクがあります。

アスコルビン酸を服用する場合、検査を受ける前に服用を一時的に中断することが必要です。病気の発見が遅れる可能性を防ぐためにも、自己判断せずに医師の処方を元に服用したほうが安心と言えます。そのためにも検査の日を医師に伝え、検査に影響が出ないよう日数を逆算してもらい服用をストップできるよう相談をしましょう。

また、アスコルビン酸には「還元」という作用もあります。「還元」とは、表出したメラニンの色素を薄くする作用のこと。つまり、すでにある濃いシミを薄くする効果がある、ということなのです。ちなみに、アスコルビン酸には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの体内物質の生成を助ける働きもあります。シミのないプルプル肌になるためには、アスコルビン酸の服用が非常に有効です。

アスコルビン酸に副作用はある?

アスコルビン酸は水溶性の成分。よって、必要以上に摂取したとしても、尿や汗として排出されます。指定容量を摂取している限りは、副作用はないと言っても良いでしょう。ただし、1,000mg以上のアスコルビン酸を一度に摂取するなどした場合には、お腹がゆるくなる人もいるとのこと。過剰摂取は控えましょう。

アスコルビン酸でシミ治療するならココ!美容クリニック3選

内服薬でシミ治療をしたい方に、アスコルビン酸が含む医薬品を処方してくれるクリニックを紹介します。

銀座美容外科クリニック

2010年の開院以来シミ治療に特化して取り組み、シミ症例数が15万件以上の実績を誇る美容外科クリニックです。「キレイをもっと身近に」をモットーに、「メスを使わない」美容医療を取り入れています。

豊富な実績をもとに、患者の年齢や症状・ライフスタイルに合わせて最適な治療方法を提案。初めて治療をする方、エステやほかの美容クリニックを利用して効果がなかった方でもシミ治療の効果を実感し、80%以上のリピート率を誇っています。

シミ予防内服薬として、アスコルビン酸配合のシナール・色素沈着を抑えるトランサミン・ビタミンE配合のユベラの中から1種類を処方してくれます。ほかにもシミ取りレーザー・ケミカルピーリングといった肌に直接治療を施すメニューも用意。

銀座院・池袋院・新宿院の3院を構えていて、すべての院が最寄り駅から徒歩1分以内の好立地にあるので、仕事帰りや買い物の合間に気軽に通院できますよ。「いきなり治療は不安」という方は、無料カウンセリングがあるので、まず相談してみましょう。

高山ホワイト皮膚科クリニック

「患者に感動していただける仕事をする」をモットーにしている皮膚科クリニック。緊張せずにリラックスして治療を受けられるよう、落ち着いた雰囲気作りを徹底しています。

経験豊富な美容皮膚科の専門医が丁寧な診察を実施。シミの原因を診断するだけではなく、「まわりに気づかれずに治療をしたい」「傷をつくりたくない」といったひとり一人の要望や症状に合わせた治療方法を提案してくれます。

高山ホワイト皮膚科クリニックでは、直接シミへアプローチするSTリファーム・再生治療で肌の事故再生力を高めるW-PRP・肌へコラーゲンを注入するダーマローラーなど、最良の治療機器や薬剤を取り揃えているのも特徴。肌の表面に施す治療のほかにも、ハイドロキノン・トレチノインといった内服薬や外用薬の処方もあります。

恵比寿駅から徒歩3分でビルの3階にクリニックがあり、気づかれずに治療したい方でも通院しやすいと言えます。

松下皮フ形成外科

美容皮膚科・美容外科・皮膚科・形成外科を専門している池袋のクリニック。気軽に利用できるようアットホームな雰囲気づくりを心がけ、信頼できるクリニックを目指しています。美容皮膚科だけではなく、皮膚科・形成外科の保険診療も取り扱っているので、シミ以外の相談ができるのも特徴。

美容外科・形成外科一筋の日本形成外科学会認定専門医である院長が、2012年に松下皮フ形成外科を開院。カウンセリングから診察、施術に至るまで、すべて担当してくれます。とくに力を入れているのはカウンセリングで、十分な時間を設けて一人ひとりに合った治療法を提案してくれます。

施術は、ライムライトという光治療がメイン。ほかにもYAGレーザー、ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームといった外用薬があります。内服薬では、シナールやトランサミンを処方してくれます。

治療方法を提案する際に、メリット・デメリットを分かりやすく説明してくれると好評。費用の相談も柔軟に対応し、予算に見合った治療計画を設定してくれます。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5