正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » アスコルビン酸 | シミ治療まとめ

アスコルビン酸 | シミ治療まとめ

シミを消す効果があると言われるアスコルビン酸について、その効果や特徴などを見てみましょう。

アスコルビン酸って何?どんなシミに効果があるの?

サプリメントなどの成分表に、よく「アスコルビン酸(ビタミンC)」という表記を見ることがありませんか?アスコルビン酸は、ビタミンCと同じ成分。厳密にいえば、ビタミンCの錠剤を製造する過程で使用する原料のことです。両者は同じものと考えて差し支えありません。

アスコルビン酸には、シミを薄くする作用と、シミを予防する作用があります。軽度のシミであれば、クリニックでアスコルビン酸の処方を受けることで改善します。美白化粧品の中には、ビタミンCやビタミンC誘導体が含まれているものが多く見られます。これは、ビタミンC、すなわちアスコルビン酸に黒ずみ(メラニン)を改善する効果、つまり美白効果があるから、ということなのです。

アスコルビン酸がシミを消すメカニズム

アスコルビン酸には、非常に強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、体内のあらゆる活性酸素を除去する働きのことを指します。活性酸素は肌の老化を招く主犯格。これを除去することで、肌の状態は良好に保たれるのです。この抗酸化作用には、メラニンの生成を抑える効果もあります。メラニンはシミの原因物質であるため、この生成を抑えることで、紫外線を浴びてもシミができにくくなります。

また、アスコルビン酸には「還元」という作用もあります。「還元」とは、表出したメラニンの色素を薄くする作用のこと。つまり、すでにある濃いシミを薄くする効果がある、ということなのです。ちなみに、アスコルビン酸には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの体内物質の生成を助ける働きもあります。シミのないプルプル肌になるためには、アスコルビン酸の服用が非常に有効です。

アスコルビン酸に副作用はある?

アスコルビン酸は水溶性の成分。よって、必要以上に摂取したとしても、尿や汗として排出されます。指定容量を摂取している限りは、副作用はないと言っても良いでしょう。ただし、1,000mg以上のアスコルビン酸を一度に摂取するなどした場合には、お腹がゆるくなる人もいるとのこと。過剰摂取は控えましょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5