正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » L-システイン | シミ治療まとめ

L-システイン | シミ治療まとめ

クリニックで処方されるシミ消しの治療薬「L-システイン」の特徴を解説します。

L-システインって何?どんなシミに効果があるの?

L-システインとは体の内側から代謝を促す働きと、抗酸化作用をもっているアミノ酸のことです。シミ消し治療に効果があるため、内服薬として多くのクリニックが治療に使っています。

L-システインが効果を発揮するシミの種類は、どのようなものがあるのかまとめてみました。

老人性色素斑

今まで浴びてきた紫外線が積み重なり、肌に現れるシミを「老人性色素斑」と呼びます。年齢ともに色が濃くなるのが特徴で、シミの中で最もポピュラーな種類と言えるでしょう。

老人性色素斑の治療でL-システインを用いる理由は、肌にダメージを与える活性酸素を除去する作用があるからです。

そばかす

遺伝が原因で発生した小さな茶色のぶつぶつが「そばかす」です。色白の人に現れやすい傾向があります。遺伝が原因なので完治は望めませんが、現在よりも色を薄くすることは可能です。

そばかすを薄くするためには、肌のターンオーバーを促すL-システインの摂取が大切。ターンオーバーの働きにより、過剰なメラニンを排出させることができます。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着はニキビや虫刺され、傷やかぶれによって引き起こされた炎症の後に、色素沈着が発生して肌に現れたシミのこと。シミができる原因として、肌に炎症が起こった際につくられた黒色メラニンが排出されず肌に残ってしまうことが挙げられます。

黒色メラニンの生成を抑えるために、ターンオーバーを促すL-システインを取り入れると◎。

L-システインはほとんどのシミに効果があるので、シミに悩んでいる方は摂取してみてはいかがでしょうか。

L-システインがシミを消すメカニズム

色々な種類のシミに有効な成分とされているL-システインですが、どうしてシミ消しに効果を発揮するのでしょうか。メカニズムを調べてみたところ、シミ消しに有効な理由が2つありました。

沈着したメラニン色素を薄くする効果

肌の表面はミルフィーユ状に何層も角質が重なってできています。健康な肌は一番上の角質を落として新しい肌へと生まれ変わりますが、さまざまな要因で再生が滞ると、古い角質がどんどん積み重なってシミやくすみとして表面に出てしまうのです。

肌の再生が滞っている部分に対して、生まれ変わらせるのがL-システイン。L-システインがもつ抗酸化作用によって肌のターンオーバーを促し、キレイな新しい皮膚にすることでシミを薄くできます。

メラニン色素の生成を抑える効果

シミの原因によく挙げられるのがメラニン色素の過剰生成。メラニン色素は紫外線から肌を守るために必要ですが、過剰に生成されてしまうと肌の中に蓄積されて黒いシミとなって肌表面に現れます。このメラニン色素の生成を抑えるのに効果的なのがⅬ-システインです。

L-システインはアミノ酸の一種で、もともと人の体内に存在する成分。食べ物だと大豆や小麦に多く含まれています。副作用が少なく飲みやすい成分として、シミの内服薬に使われているので耳にしたことがあるかもしれません。

そんなL-システインがもつ効果の一つとして、抗酸化作用があります。メラニンを生成する活性酵素の働きを抑えるだけではく、脂質の酸化を抑え、肌や粘膜を守る役目を果たしてくれます。

相乗効果を狙ってより効果UP

L-システインだけでもシミ消しの効果に期待が持てますが、抗酸化作用があるもう一つの成分ビタミンCも一緒に摂取して相乗効果を狙うとなおGOOD。

同じ作用を持つ2つの違う成分を合わせて効果を高めることを相乗効果と言います。ビタミンCの場合、抗酸化作用の効果が高い上に過剰に摂取すると身体から自然に排出されるので、ターンオーバーを促すL-システインとの相性はバツグン。抗酸化作用はシミ消しのほか、肌荒れや湿疹にも効果があるので肌をキレイにしたい人の強力な味方です。

市販薬と医師から処方された薬どちらがいい?

シミ消しに効果があると言われているL-システイン(ハイチオール)ですが、病院で処方されるほか、近くのドラッグストアでも買うことができます。簡単に手に入る市販薬と医師の処方薬、果たして一体どちらを飲むべきなのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを挙げてまとめてみました。

市販薬

■メリット

  • 簡単に手に入れられる
  • 継続して飲みやすい

■デメリット

  • 副作用が出ても相談できない
  • 使用期間が限られている

処方薬

■メリット

  • 自分の身体の状態に合った薬を出してくれる
  • 副作用が出た際に相談できる

■デメリット

  • 医療機関を受診する手間が発生する

含まれている成分だけ見ると、市販薬と処方薬に大きな違いはありません。なので、薬を選ぶ際は自分が何を大切にしたいかの観点から選ぶと良いかもしれません。

市販薬のメリットは、何といっても手軽さ。近くのドラッグストアで簡単に買うことができるので、すぐにでもL-システインを取り入れることができます。

処方薬のメリットは医師の診断のもと、自分の身体の状態に合った薬を正しい容量・用法で摂取できること。変化が見られる身体の状態に合わせて効果的にL-システインを摂取できるのが処方薬の魅力です。

どんな薬をどんな状態で摂取するのがベストか、自分とよく相談して決めましょう。

L-システインに副作用はある?

L-システインの美白効果は、シミだけに働くものではありません。髪の毛などに含まれるメラニンも薄くしてしまいます。副作用は人によりますが、白髪が増えるといった声や、体毛の色が薄くなったという声が聞かれます。

現在のところ、L-システインの過剰摂取による重篤な副作用は確認されていませが、あまりに濃いシミの場合には、L-システインの内服薬で治療をするよりも、外科的に治療をしたほうが、体へのリスクは少なくて済むでしょう。

L-システインの正しい飲み方とは?

シミ消しに有効なL-システインの飲み方や飲む際の注意点を調べてみました。

L-システインを摂取量・タイミング

L-システインの摂取時間は特に決まっていません。いつ飲んでも問題はないとされていますが、空腹時に呑んでしまうと必要以上に胃が刺激されて、場合によっては腹痛や吐き気を引き起こします。食事時に飲まないと服用を忘れてしまう恐れのある方は、食前ではなく食後に摂取するようにしましょう。

L-システインの効果はすぐに実感できるものではなく、数ヶ月かけて効果が現れるものです。なので、効果が出ないからと焦って服用量を増やすことはNG。用法・容量を正しく守って気長に効果が現れるのを待ちましょう。

L-システインを飲む際の注意点

副作用が少ないと言われているL-システインですが、全く副作用がないわけではありません。L-システインを飲む際に気を付けたい注意点があります。それは、ビオチンを一緒に摂取することです。

L-システインはメラニンの生成を抑える効果があるので、毎日摂取しているとメラニンが少なくなって白髪になりやすいと言われています。シミが薄くなるのは大歓迎ですが、白髪が増えるのは何としても避けたいですよね。そこで、髪への影響を防ぐためにビオチンをL-システインと一緒に摂取することをおすすめします。

ビオチンは髪の健康や成分に必要な栄養素。白髪を防ぐ働きが期待できるので、L-システインを摂取する際は、ぜひビオチンも摂るようにしましょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5