正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » L-システイン | シミ治療まとめ

L-システイン | シミ治療まとめ

クリニックで処方されるシミ消しの治療薬「L-システイン」の特徴を解説します。

L-システインって何?どんなシミに効果があるの?

クリニックでは、シミ消し治療の一つとしてL-システインと呼ばれる内服薬を処方することがあります。本来、L-システインは髪や爪、皮膚などを作り出すためのアミノ酸の一種。この成分がシミ消しにも効果が高いことが分かり、現在では多くのクリニックでシミ消しの治療薬として処方されています。

L-システインには、メラニン色素に働きかける性質があるため、紫外線でできたシミであれば全般的に効果が期待できます。薄めのシミであれば完全に除去してしまうことも可能です。濃いシミであっても、色を薄くする程度の効果が得られるでしょう。

L-システインがシミを消すメカニズム

L-システインには様々な効果がありますが、シミ消しに関しては、主に2つの効果があると言われています。

第一に、沈着したメラニン色素を薄くする効果です。強い還元力によって、黒色メラニンを薄くする効果があります。色が濃くなってしまったシミを薄くしたり、また、全体的に黒ずんだ皮膚を白くしたりします。美白系の化粧品にL-システインが含まれていることが多いのは、この作用のためです。

第二に、メラニン色素の生成を抑える効果です。L-システインの持つ強い抗酸化作用は、活性酸素がメラニンを生成するはたらきを抑制します。そのため、紫外線を浴びた肌でもシミができにくくなるといった効果があります。

なお、L-システインの効果をさらに上げるためには、ビタミンCの併用がおすすめ。両成分が相乗効果を生むことによって、一層シミ消し効果が高くなることが分かっています。

L-システインに副作用はある?

L-システインの美白効果は、シミだけに働くものではありません。髪の毛などに含まれるメラニンも薄くしてしまいます。副作用は人によりますが、白髪が増えるといった声や、体毛の色が薄くなったという声が聞かれます。

現在のところ、L-システインの過剰摂取による重篤な副作用は確認されていませが、あまりに濃いシミの場合には、L-システインの内服薬で治療をするよりも、外科的に治療をしたほうが、体へのリスクは少なくて済むでしょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5