ピーリング | シミ治療まとめ

クリニックで行われるシミ消し治療の一つ、ピーリングについて、特徴や効果のメカニズムなどをまとめました。

ピーリングて何?どんなシミに効果があるの?

ピーリングとは、薬剤を塗ってシミを除去する方法。比較的薄めのシミを消すには有効な方法とされています。シミ消し治療の一環として、多くのクリニックでピーリングを採用しています。しかし、すべてのタイプのシミをピーリングで除去できるわけではありません。老人性色素班や炎症性色素沈着など、限られた種類のシミのみが対象です。

また、たとえピーリング向きのシミであったとしても、あまりに色素が濃くなってしまっている場合には、治療効果が薄れます。除去効果が高いのは、あくまでも薄めのシミのみです。

なお、肝斑をピーリングで消すことはできません。肝斑は、紫外線などの外的要因ではなく、女性ホルモンなどの内的要因が原因と考えられています。皮膚疾患とは根本的に違うため、ピーリングの効果は得られません。

ピーリングがシミを消すメカニズム

ピーリングは、簡単に言うと、シミを肌の古い角質ごと溶かしてしまうという治療法です。治療に使われる薬剤は、主にグリコール酸やサリチル酸、乳酸など。これらをシミ部分に塗ると、角質が柔らかくなり、やがて角質がポロポロとはがれてしまいます。同時にシミも剥がれ落ちていくというメカニズムです。

古い角質がはがれてしまうわけですから、肌は自然に新しい角質を形成しようと働きます。ピーリング直後の新しく生まれ変わった肌は、シミがなく、みずみずしいキレイな肌となります。

ダウンタイム・デメリット・安全性

ピーリングには、ダウンタイムがほとんどありません。ただ、治療直後は肌のバリア機能が低下した状態となるので、紫外線を避けるなどの自己防衛をしましょう。半日~1日程度は、化粧も避けたほうが無難です。

なお、ピーリングに使う薬剤は、ドラッグストアなどでも販売されています。クリニックで使うものと比べると、安全性の観点からかなり濃度が薄められています。定期的に顔の角質を除去するだけなら問題はありませんが、本格的にシミを消したい場合には、クリニックでピーリングすることをお勧めします。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5