正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » トレチノイン | シミ治療まとめ

トレチノイン | シミ治療まとめ

シミ消しの外用薬である「トレチノイン」について、その効果やメカニズムなどをまとめました。

トレチノインって何?どんなシミに効果があるの?

強力な美白作用を持つビタミン誘導体

トレチノインは別名ビタミンA誘導体とも言います。ビタミンA誘導体はビタミンAから抽出して合成されたもので、ビタミン誘導体として高い効能をもっており、一般的なビタミンAに比べると100~300倍という強力な活性力を持っています。人の血液にもわずかに流れているので、肌につけたり摂取してもアレルギーを起こすことはないでしょう。

「レチノール」という成分が入った市販の美白化粧品が多く出回っていますが、これもトレチノインの一種です。ただし含まれるトレチノインの濃度は非常に低く、クリニックで処方される濃度の100分の1程度。一般の方でも安全に使用することができますが、クリニックで処方されるトレチノインとは作用が異なります。

高濃度のトレチノインは強力な作用を持つため、使い方を誤ると肌に悪影響を与える可能性があり、医師のもとでなければ使用することができません。シミ治療のためにトレチノインを使用したい場合は、必ず専門の医師に処方してもらいましょう。

ターンオーバーを促進させてシミやニキビに作用

トレチノインには古い角質をはがし、新しい角質へと生まれ変わる働きを促してくれるターンオーバーの促進やピーリングの効果があります。

とくにシミへの効果が強力なため、美容医療業界では美肌や美白治療に用いられている成分です。トレチノインは通常のビタミンAよりも安定して効果を発揮するビタミン誘導体。皮膚の細胞分裂を促進させるため、今ある角質を剥がすピーリングの作用も持っており、さらには皮脂の分泌を抑制する作用があります。

トレチノインはシミ以外にもニキビの治療でも使われていて、アメリカではすでに認可され、ニキビやしわに悩む多くの方が使用しています。さらにコラーゲンやヒアルロン酸といった体内に存在する美肌成分を活性化させてくれる嬉しい効果も。肌のコラーゲンやヒアルロン酸が増えるとしわを予防し、肌のハリやキメを整えてくれます。若々しい肌を取り戻したい方にとってはまさに万能の成分と言えるでしょう。

トレチノインがシミを消すメカニズム

メラニン色素を表皮の外側に押し上げて排出

ビタミンAには肌のターンオーバーを促す効果があり、トレチノインにも同様の効果があります。トレチノインの効果は通常のビタミンAに比べて100~300倍も強力だと言われており、皮膚のもっとも深い層に存在するメラニン色素を排出する作用があります。その強い作用が認められてシミ治療に用いられることになったのです。

トレチノインは細胞分裂を促進させて古い角質を剥がしていくのですが、このとき細胞が活性化して増殖し、深い層にあった細胞が皮膚の表面の方に上がります。それとともにメラニン色素までが押し上げられてシミが排除されるという仕組みです。自然なサイクルでも肌はターンオーバーをしますが、そのときに沈着しているメラニンが外に出るわけではなく、すでに存在しているシミはなかなか良くなりません。トレノイチンはターンオーバーに加えてメラニン色素を外に出そうとする働きがあるため、すでにあるシミにも効果があらわれるのです。

真皮が厚くなる作用がコラーゲンを生成して若返り

トレチノインを長期的に使い続けると表皮や真皮が厚くなる作用があります。それによりヒアルロン酸やコラーゲンの生成が促されますが、このときに真皮の血管も新生。それにより肌が若返りを果たすのです。この効果を利用して小じわの治療に利用されます。

肌のターンオーバーは自然な肌のサイクルでおよそ4週間かかると言われていますが、トレチノインを塗った肌はそれよりも早く2~4週間でターンオーバーが完了。医師のもとでトレチノインを処方してもらったら2週間ごとに経過をみてもらうと良いでしょう。

シミの場合、シミができた部位に塗っているとカサカサや赤みが生じます。個人差はありますが、数日から2週間で肌が順応して収まるので心配することはありません。シミの場合に塗布する期間はターンオーバーの間1~3か月間、肝斑などのシミにはさらに長い期間の塗布が必要です。小じわを改善したい場合、半年以上の外用で改善するでしょう。毎日塗っていれば早くシミが消えるということではありません。症状によっては日を空けての外用が必要なケースもあるため、医師とよく相談しながらすすめましょう。

医師が処方した新鮮な薬剤が安全で効果的

トレチノインの一種であるレチノールが配合されている市販の美白剤には、メラノサイトがメラニンをつくる量を減らす有効成分が含まれているもの。ですが活性機能がほとんどないためシミ自体を薄くする効果はあまり期待できません。

シミには十分な効果を発揮しませんが、ニキビやオイリー肌の改善には効果的。ニキビで悩んでいる方は使用することでニキビ跡の予防につながるでしょう。

医師が処方した医薬品のトレチノインは角質を剥がし、メラニンを外に出すような強力な作用を持っています。本気でシミを治したい、早く治したいと考えている方は医師が処方する軟膏やクリームを塗るのが断然おすすめです。さらに医師が処方するもう一つの美白外用薬であるハイドロキノンとセットで使うと、更なる効果が期待できます。

トレチノインを塗布したあとにハイドロキノンを混ぜて塗ると、シミだけでなく何らかの原因でできた色素沈着も改善します。火傷のあとや傷跡、炎症後の色素沈着によるシミで悩んでいる方は一度医師に相談してみるとよいでしょう。

トレチノインは不安定な薬剤で酸化しやすいため、冷蔵された状態で1か月以内に使用しないと効果を発揮しません。また個人輸入などで手に入る安価なクリームなどがネットで出回っていますが、あまりおすすめできません。必ずクリニックで処方された新鮮な薬を使い、医師から伝えられた期日や期間を守って使用しましょう。用法や容量を誤ったまま使っていると肌に悪い影響を与えてしまい、逆にシミを増やしてしまう事になりかねません。

トレチノインに副作用はある?

トレチノインは、外用薬としては刺激が強めです。塗布すると、ヒリヒリしたり乾燥したりすることがあります。処方を受ける場合には、医師や薬剤師の説明をしっかりと聞きましょう。

なお、ビタミンAは細胞分裂に関わる成分です。トレチノインもビタミンAの一種である以上、細胞分裂に大きく関係しています。

そのため、妊婦が塗布または服用した場合には、胎児の成長に影響を与える恐れがあります。肝斑やシミ治療の際は、別の方法を選択しましょう。

トレチノインの使用時に注意すべきことって?

トレチノインを処方された際の肌のケアの方法や注意点についてお伝えします。トレチノインは正しい方法で使用しないと効果があらわれなかったり悪影響を及ぼしたりするデリケートな薬剤。きちんと使用方法を確認してから処方してもらいましょう。

■こまめに保湿する

ターンオーバーを促進させる効果が非常に強いため、塗布後に肌に赤みが出て翌日~数日後には皮が剥けてきます。人によっては痒みを伴うことも。日焼けと同様肌の水分量が不足しているので、保湿をこまめに行ないましょう。乾燥からのかゆみも防ぐことができます。

■酸化しやすいので保管に注意

トレチノインは参加しやすく不安定な薬剤です。とくに開封後は1か月を目処に使い切る必要があります。医師のもとで処方を受ける方は診察ごとに経過を診てもらえるので、その際に薬の期限をチェックしながら消費期限が切れたら再処方してもらうことをおすすめします。

■妊婦さんは使用できない

トレチノインは外用薬だけではなく内服薬も処方することができますが、妊娠中や授乳中の方に処方することはできません。ビタミンAの過剰摂取により奇形など胎児へ悪影響を与える恐れがあるからです。妊娠の予定がある方も使用を避けた方がいいでしょう。

■紫外線は絶対に避ける

肌のターンオーバーにより皮が剥けてくるので、紫外線に当たると肌が前よりも黒ずんでしまう場合があります。トレチノインを使用している間は必ず紫外線を避けましょう。見た目には炎症を起こしていなくても肌のバリア機能が一時的に弱くなっている状態のなで、日焼け止めによる紫外線対策は欠かさず行なってください。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5