正しいシミ対策・改善・予防 » クリニックのシミ治療法一覧  » トレチノイン | シミ治療まとめ

トレチノイン | シミ治療まとめ

シミ消しの外用薬である「トレチノイン」について、その効果やメカニズムなどをまとめました。

トレチノインって何?どんなシミに効果があるの?

トレチノインとは、ビタミンAの一種で、人間の血液中にも流れている成分です。皮膚科などでは、肝斑などシミ全般の外用治療薬として処方されることがあります。

シミ全般に一定の効果が見られるトレチノインですが、真皮性のシミ(肌の奥深くまでシミ成分が存在しているタイプ)の場合は、トレチノイン単体で完治を目指すことは難しいとされます。他の外科的治療などを併用し、治療することが一般的です。

なお、しばしば市販の美白化粧品に含まれる「レチノール」という成分は、トレチノインのことです。ただし化粧品に含まれるトレチノインの濃度は非常に低く、クリニックで処方される濃度の100分の1程度と言われています。

トレチノインがシミを消すメカニズム

トレチノインはビタミンAの仲間。ビタミンAには肌のターンオーバーを促す効果がありますが、トレチノインにも同じ効果があります。

ターンオーバーとは、肌表面の生まれ変わりのこと。古い角質が剥がれ落ち、新しい角質へと生まれ変わる一連の動きのことです。この古い角質が肌から剥がれ落ちる際に、表面のシミも一緒に剥がれ落ちていきます。これが、ターンオーバーによるシミ除去のメカニズムです。

注目すべきは、トレチノインがターンオーバーを促す効果の強さ。ビタミンAに比べて、実に100~300倍ほど強力と言われています。その強い作用が認められ、シミ治療に用いられるようになったのです。

トレチノインに副作用はある?

トレチノインは、外用薬としては刺激が強めです。塗布すると、ヒリヒリしたり乾燥したりすることがあります。処方を受ける場合には、医師や薬剤師の説明をしっかりと聞きましょう。

なお、ビタミンAは細胞分裂に関わる成分です。トレチノインもビタミンAの一種である以上、細胞分裂に大きく関係しています。

そのため、妊婦が塗布または服用した場合には、胎児の成長に影響を与える恐れがあります。肝斑やシミ治療の際は、別の方法を選択しましょう。

シミを消したいあなたへ 本気で選んだ美容クリニックBEST5